セミナー・勉強会・イベント詳細病棟看護師のための認知症ケア集中セミナー(大阪会場)

  • メール

No image 3c708136c4866b93325ac493c3635e6f281cd3c9f0abbcf49d8c5853339c5adb

概要

セミナー内容
軽度認知障害(MCI)を含めれば65歳以上の4人に1人が認知症またはその予備軍であると言われている今、急性期・一般病院でも身体疾患のケアと同様に認知症のケアが求められています。今セミナーでは、認知症疾患の基本知識からBPSDへの対応法、ケアのみならず、制度が推す認知症ケア加算まで総合的にお伝えします。

1.認知症の理解
(1)認知症の種類と特徴
(2)中核症状・周辺症状(BPSD)の理解
(3)認知症タイプ別の基本的なケア
  ・アルツハイマー型認知症
  ・脳血管性認知症
  ・レビー小体型認知症
  ・前頭側頭型認知症

2.入院中にみられやすい高齢者の状況と環境の工夫
(1)なぜ入院すると、認知機能や身体機能が衰える?
(2)入院によるストレス軽減のケアと環境の工夫
(3)入院すると、昼と夜が逆転するのはなぜ?
   高齢者の睡眠の特徴と認知機能低下のリスク
(4)「大人しいのはいい患者」という勘違い
   せん妄の予防的介入とアプローチ法
(5)せん妄のリスクのある薬と副作用
(6)入院後、家族がだんだん面会に来なくなるのはなぜ?

3.病棟で起こりやすいBPSDの対応と工夫
(1)認知症ケアに対する看護の視点
(2)認知症を持つ人の心理と心の変化
(3)病棟で起こりやすいBPSDの対応法と工夫
  ・点滴自己抜去      ・意欲低下
  ・やまないナースコール  ・幻聴、幻視
  ・徘徊          ・転倒
  ・拒薬          ・拒食
  ・相部屋で大きな声を出す ・治療や処置の拒否
  ・帰宅願望        ・夜間不眠など実例を紹介

4.認知症タイプ別 コミュニケーションのポイント
  ・アルツハイマー型認知症
  ・脳血管性認知症
  ・レビー小体型認知症
  ・前頭側頭型認知症

5.身体的拘束の早期解除に向けたケアの工夫
(1)身体拘束と身体的拘束の違い
(2)身体的拘束は必要か?
(3)安易に身体的拘束をしないための、身体的拘束に代わるケアの工夫

6.認知症ケア加算の実際
(1)認知症ケア加算の基礎知識
  ・算定要件と算定の仕方
  ・施設基準
  ・認知症ケアチームの業務など)
(2)認知症ケア加算取得に至るまでの道のり
  ・加算1と加算2、どちらを選ぶ?
  ・対象患者のスクリーニング
  ・院内のシステムづくりのポイント
  ・入院患者の『認知症高齢者の日常生活自立度』の考え方と評価
  ・認知症ケアマニュアル作成の実際
(3)認知症ケアチーム活動の実際
  ・多職種によるカンファレンスを行う利点
  ・非薬物療法と薬物療法の合わせ技

  • カテゴリ
    医療従事者
  • 主催
    日本通所ケア研究会
  • 日程
    2019/01/27 (日)
  • 時間
    開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30
  • 開催地
    大阪府
  • 会場

    新大阪丸ビル新館 大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27

  • 参加費

  • お問合せ先

  • ホームページ
  • メールアドレス

コメント

Foodishでは、セミナー・勉強会・イベント情報の共有を進めております。

ご存じの情報があれば、ぜひご協力お願いします!