セミナー・勉強会・イベント詳細第402回大阪大学臨床栄養研究会(CNC)

  • メール

No image 3c708136c4866b93325ac493c3635e6f281cd3c9f0abbcf49d8c5853339c5adb

「パーキンソン病の病態と腸脳相関(gut-brain axis)」
講師 武庫川女子大学栄養科学研究所 福尾 恵介

パーキンソン病(PD)は、アルツハイマー病に次いで多い神経変性疾患で、今後高齢者の増加に伴い、PD患者の増加が懸念されている。
PDは原因不明の進行性の神経変性疾患で、振戦、無動、筋強剛などの運動障害から最終的には歩行困難になり、ベッド上生活へと移行する。
また、運動系以外に嗅覚障害、認知機能障害、起立性低血圧、胃腸機能障害などの非運動系の症状を呈するが、
これらの非運動系の症状がPDの典型的な運動系の症状がPDの典型的な運動症状に先行して起こることが報告されている。
病理学的所見としては、αシヌクレインの神経細胞内への蓄積によるレビー小体の形成があるが、
最近、PD患者ではαシヌクレインがまず腸管の神経業に蓄積し、次に腸管のαシヌクレインが脳へ移行してPDが発症するという、
いわゆるPD発症における腸脳相関の関与が注目されている。本公演では、PD発症や病態とgut-brain axisに関する最近の知見や、
PD患者における食事と病態との関係に関する我々の研究成果を紹介する。

  • カテゴリ
    一般 栄養士 医療従事者
  • 主催
    大阪府栄養士会
  • 日程
    2019/11/11 (月)
  • 時間
    18:00~
  • 開催地
    大阪府
  • 会場

    大阪大学医学部講義棟 2階 B講堂

  • 参加費

    無料

  • お問合せ先

  • ホームページ
  • メールアドレス

コメント

Foodishでは、セミナー・勉強会・イベント情報の共有を進めております。

ご存じの情報があれば、ぜひご協力お願いします!