セミナー・勉強会・イベント詳細セラピストのための呼吸・嚥下の理解と誤嚥性肺炎の予防

  • メール

No image 3c708136c4866b93325ac493c3635e6f281cd3c9f0abbcf49d8c5853339c5adb

本セミナーは少人数で徹底的に実技を学びます

講師に徹底的に学ぶことができるので勉強したい方は今がチャンスです

誤嚥するということは、嚥下機能の問題だから
言語聴覚士の分野と思われがちですが、
理学療法士、作業療法士の皆様にも無関係ではありません。

・姿勢を見る
・機能を高める
・環境調整について考える
・栄養状態を考える

これらはセラピストやコメディカルが
一丸となって取り組んでいかなければならない問題です。

各セラピストが専門性を持って関わっていくことで
高齢者の誤嚥性肺炎は防ぐことができるのです。

特に理学療法士、作業療法士は姿勢を診るスペシャリストです。

私達が姿勢を改善することで、誤嚥を防げるといっても過言ではありません。

そのために必要な知識は呼吸や嚥下機能の基礎知識です。

・嚥下はどのような構造で行われているのか?

・誤嚥はなぜ起こるのか?

・咳嗽能力はどう評価すればいいのか?

これらを知っているだけでチームアプローチの幅は格段に広がります。

※本セミナーは実技を含みますが、コロナウィルスの影響による感染予防対策を徹底したうえで

皆様が安心してご受講いただけるよう努めてまいります
熱発が収まらない原因は誤嚥にあるかもしれません

臨床で誤嚥が原因で熱発を繰り返し、
リハビリがうまく進まないという状況に
出会ったことはないですか?

高齢者や神経疾患(脳梗塞後遺症やパーキンソン病など)で
寝たきりの患者では口腔内の清潔が
十分に保たれていないこともあり、
この場合、口腔内で肺炎の原因となる
細菌がより多く増殖してしまいます。

また、高齢者や寝たきり患者では咳反射が弱くなり
嚥下機能が低下します。
その結果、口腔内の細菌が気管から肺へと吸引され、
肺炎を発症します。
また、栄養状態が不良であることや
免疫機能の低下なども発症に関与してきます。

このエポックセミナーを受けると・・・

・誤嚥性肺炎について学ぶことができる
・嚥下の基礎解剖、運動学を徹底的に学べる
・呼吸器合併症の予防と対処についても知ることができます。
・摂食嚥下障害のための姿勢調整の進め方を学びます。
本セミナーではそのために必要な嚥下機能の基礎知識、
呼吸リハビリテーションの評価と治療技術について
実技を交えて徹底的にご講義いただきます。
プログラム

・摂食嚥下リハビリテーションとは
・誤嚥性肺炎について
・嚥下の基礎解剖、運動学
・嚥下評価について
・呼吸器合併症の予防と対処について
・摂食嚥下障害のための姿勢調整
・呼吸理学療法について

  • カテゴリ
    医療従事者
  • 主催
    EPoch
  • 日程
    2020/07/12 (日) ~2020/07/12 (日)
  • 時間
    10:00~16:30
  • 開催地
    兵庫県
  • 会場

    尼崎市中小企業センター
    兵庫県尼崎市昭和通

  • 参加費

    8,800円(税込)

  • お問合せ先

    EPoch

  • ホームページ
  • メールアドレス

コメント

Foodishでは、セミナー・勉強会・イベント情報の共有を進めております。

ご存じの情報があれば、ぜひご協力お願いします!